donadaki

記事一覧(6)

アーユルベーダのマッサージを受けました

嫁の誘いでアーユルベーダをマッサージを受けました。普通アーユルベーダと聞くと、女性が受けるインド系のマッサージというイメージかと思いますが、私も最初はそうでした。嫁に誘われましましたが、最初は嫌々であまり行く気はしませんでした。しかし、最近仕事が忙しく、肩も懲り気味で、体も全体的に疲れ気味だったので、アーユルベーダがいいと嫁に言われ、行くことにしました。私が行ったところは陶板浴という岩盤浴のようなものもあるところで、やはり女性が多いところでしたが、先生はとてもきれいないい人で、嫌な顔もすることなくマッサージをしてくれました。インドっぽいお香をたいて、リラックスできる空間の中で、アロマを加えたオイルをつけながらマッサージをしてくれました。最初は慣れませんでしたが、随時先生が声をかけてくれて、心をほぐしてくれ、最終的には気持ちよすぎて寝ていました。結構指が食い込むくらい揉んでいたほうですが、別に痛くはなく、とても気持ちいいマッサージでした。体についたオイルはそのまま体についたままだったので、それもあまり慣れませんでしたが、体が温まるような感じもあり、それはそれでよかったような気がします。肝心の体の疲れのほうは、結構とれました。体の疲れだけではなく、精神的な疲れもとれた気がして、その後の1週間は結構調子よく仕事ができました。

腰痛の時のマッサージ

私は50肩と腰痛で接骨院に通っています。もう大分通っているので、大分よくなってきました。いまは月に2回くらい通っています。一つは予防のためです。ここの接骨院は約20分のマッサージです。マッサージに時間をとってくれるのがいいですね。マッサージは主に指圧ですね。ここは近所の人のお勧めの店です。何かあったら行ってくださいと。この間はパソコンで仕事をしているときに腰痛になりました。お尻も痛いいのです。またやったかと思いました。そこで夕方6時過ぎに接骨院に行きました。ここは7時までやっているので、助かります。カミさんは今から行くのかと。着くと患者さんで一杯でした。先生はいままで混んでいたのだと。昼間は空いていたのに午後から混んできたとか。私はどうしたのかと聞かれて、腰が痛くなったと。歩けるのですかと。どうにか歩けますよと。お尻も痛いと。それは神経痛だろうと。約20分待ちました。だんだん混むようぬなって先生はよかったと言っていました。その日はベッドに横になって、まず温シップです。腰が大分暖かくなりました。その後に肩と腰の電気の通電です。ピリピリと来ているのが心地いいです。なにか効いているように感じます。その後15分して今度はマッサージです。お尻が痛いと言っていましたね。この辺ですかと。そこよりもっと下だと言いました。これは神経痛だとか。腰痛から痛くなることがあるとか。今日は気合を入れてマッサージしましょうと。まずは肩からです。押すとまだ痛い所があります。腰は何をしたのですかと。パソコンを座ってやっていたのがいけないのかもと。変な姿勢でパソコンをいじっていると腰に来ることがありますよと。今日は変な時間に来たので相当悪いのかと思ったとか。夜は初めてです。夕食前なので、どうせやることもないので、早く来た方がいいだろうと思いましたと。腰は右の方が痛いのです。先生は右が固くなっているとか。20分かけて押したりさすったり指圧をしたりしてくれました。大分楽になりました。少しぬるめのお風呂で温めた方がいいとか。私は先生の言う通りにお風呂で温まり、腹巻をして寝ることにしました。また1週間に1回くらい通うことになることでしょう。

忘れもしないマッサージ

忘れもしない私の恐怖のマッサージ体験です。大学生の冬休みに少し背伸びをしてお洒落にマッサージでもしようかと思い、ビューティーサイトで近場のマッサージ店を予約しました。口コミはなかなか良かったので楽しみにして訪れたところ、外の看板がどうも怪しい。まるで風俗を思わせるかのような女性の写真を使った看板たち。けれど予約キャンセルができなかったため、意を決して店内へ。薄暗い店内からはいらっしゃ~いと、外国籍の女性たちが出てきました。こ、これはまずい。。けれど当時の私はまだ大学生でどうしたら良いのかわからず言われるがままマッサージ台へと連れていかれました。マッサージは思ったよりましでした。しかし、そんなのはつかの間、どんどんマッサージ師の力が強くなっていく。終いにはサンダルを脱ぐ音が聞こえ、私より一回り大きい外国人のおばちゃんが私の背中の上に正座をし始めた。その上、バウンドするかのように私の背中の上で跳ねている。痛いどころか、息ができない。やめてくれ。。。やっとのことでおばちゃんを背中から下ろしたが、体の痛みは激しく身動きが取れない。まずいところに来てしまった。やっとの思いで料金だけテーブルに置き、痛む背中をさすりながらマッサージ店を出て行った。それ以来、日本のマッサージ店には行かないようにしている。

VIP席みたいようなベッドでマッサージを受けました

日帰り温泉施設に併設されているリラクゼーションサロンにマッサージが上手なベテランの女性スタッフがいるのでその女性スタッフを指名しています。いつも温泉に入って体をリフレッシュさせた後にマッサージを受けるというのが習慣になっています。そのため日帰り温泉施設に行く時に電話でマッサージが上手なベテランの女性スタッフを指名してマッサージの予約をします。それで温泉から出たらすぐにマッサージを受ける事が出来るので待ち時間がありません。この日は混雑していてマッサージを受ける時のベッドが1個しか空いていなくてしかもそのベッドは少し壊れかけているという事でした。それで私は常連客という事もあって特別に奥の方にあるVIP席みたいようなベッドでマッサージを受ける事になりました。個室のような感覚で女性スタッフと2人きりになったのでいつもと感覚が違って少しドキドキしてしまいました。マッサージ自体はいつもと変わらずすごく上手で気持ち良かったです。しかも個室ような感覚でしたのでいつも以上にマッサージを受けながらおしゃべりする事が出来ました。楽しくおしゃべりしながらマッサージを受ける事が出来て体の疲労が取れてリフレッシュ出来ました。またここでマッサージを受けたいなと思ってしまいました。

受験勉強で苦しんだ肩こり

大学受験のため、毎日長時間勉強をしていた頃、ひどい肩こりに悩んでいました。ガチガチになり何度も両親にマッサージをしてもらいましたが治りませんでした。勉強にも集中することができなくなったので、親の知り合いのマッサージ師の方にお願いすることになりました。肩のマッサージをお願いしましたが、上半身全体をマッサージすると言われました。肩と言っても、目や首、二の腕や背中の筋肉は全て繋がっていると言われました。最初は、強い力で指圧されたのでとても痛かったです。一番驚いたのが、わきの下の指圧です。肩甲骨と繋がっている脇の下をつかまれる感じです。今まで押されたことが無かったので、すごく驚きました。30分ぐらいで終了しました。その方は、気功の技術もある方で、体には直接触れず手だけを体にかざしてくれました。気が滞っている部分の血の巡りを良くするらしいです。それからは、すっかり肩こりが治りました。それまでは、勉強をすると肩こりに悩む生活でしたが、10年以上経っても肩こりにはならなくなりました。自分で少し調子が悪いと思えば、肩をグルグル回す程度でよくなります。あの時に受けたマッサージと気功のおかげだと思っています。

駅ナカマッサージ店は心のオアシス!

仕事でグタグタになってしまった日も、嫌なことがあって泣きたい日も、冷たくされて傷付いた日も、どんな時でも優しく迎えてくれるのが、私にとってのマッサージ店です。旅行の帰りにも立ち寄れるし、何時でも開いているマッサージ店心も体も揉みほぐしてくれます。また、駅ナカという場所がいい!電車を降りて駅から出て離れた所まで行ってまで受けたい訳ではなくて、疲れた今!揉みほぐしてくれるのが何よりもありがたい!時々涙が出そうになりながら施術を受けることもあるほどです。エステのマッサージも勿論最高です。整体師のマッサージなんて1ヶ月は体の調子が良いことも知っています。でも、ちょっと肩が腰が凝ったときに「かなりお疲れですね~」なんて言われたら、誉められているような気持ちになれます。そう、駅ナカのマッサージ店は体の凝りをそれなりにほぐしてくれて、その日1日凝り固まった心の方を本当はほぐしてくれているのかもしれません。なので、私にとっての駅ナカマッサージ店は今日1日よく頑張ったね~、こんなに肩がゴリゴリになるまでえらいね~と誉めてくれる1日のご褒美です。年を重ねる毎にあちこちガタがきて、ちょっとやそっとの揉みほぐしでは全く歯が立ちませんが、これからも「今日も凝ってますね~」の一言を聞きに通い続けます。アロマの香りで施術